自分に合った適切な歯科探し〜デンタル・ドクター探し隊〜

歯磨き

難しい治療の1つ

医療器具

あらゆる治療が誕生している中でも、失った歯を取り戻すことができる画期的な治療と言われているのがインプラントです。人口歯根のことを指しますが、抜歯した部分に挿入することで第二の永久歯として利用することができるのです。

歯並び矯正治療の1つ

女性

矯正治療というのは古くから行なわれてきました。その中でも最新の治療方法と言われているのがインビザラインです。マウスピース型の器具を利用した治療となっており、目立ちにくいのが特徴です。

様々な歯科治療

歯磨き

歯科に行くときというのは、もちろんドクターのところに行くわけですから、良いことよりもそうでないことのほうが多い。実際、歯医者さんへ行くと虫歯を削られたり歯垢を削り落とされたり、そんなことが行われます。あるいは、歯を引っこ抜かれたり、型を取られることもあります。歯というものを色んな角度から見られ、手を付けられるわけです。ここでまず注目されたいのは、「歯を引っこ抜かれ」、ここ。引っこ抜いたあとに行われる治療について、お話しようと思います。イロハのイ、『インプラント』です。インプラント治療は、矯正歯科の領域に属するものであり、同時に、審美歯科の領域にも充分に関わってくるものです。何だか数学の時間の「必要十分条件」みたいな話ですけれど、これはどういった治療なんでしょうか。そもそも、『インプラント』というのは何を意味する言葉なのでしょうと考えていくと、「移植物」という訳語に行き当たります。医療行為の末に、身体に移植される器具や何かということですね、これは。インプラントとは、広い意味では人体に埋め込まれたり取り付けられたりするさまざまな器具や機械を指すのです。そして、歯科の場合には、それは失われた歯を、ふたたびよみがえるための器具として存在します。次の記事で詳しく触れますが、それは、ネジの形をしています。指でつまめる、小さく硬い、金属のネジ。

歯科といっても、それぞれで施術内容やドクターの技術力が違ってきます。できるだけ正しい治療を受ける為にもしっかりと比較しながら歯科探しをすることが大切です。

子供の頃から行なえる

先生

歯列矯正はまだ歯が柔らかい子供の頃から行なうことで、矯正しやすいと言われています。海外では一般的な治療なっており、成人までに終わらせる人がほとんどでしょう。子供の矯正治療は小児歯科で行なうことができます。