自分に合った適切な歯科探し〜デンタル・ドクター探し隊〜

歯医者

難しい治療の1つ

医療器具

インプラントの役目

インプラント、訳して「移植物」。医療器具としての移植物には、ペースメーカーとか、義手や義足などの義肢。そのほか人工血管とか何とか、いろいろあります。どれも、生命科学や医学の最先端を走る器具、機械です。歯科で用いられる、小さな金属製のネジもまた、医学の粋を集めて作り上げられたインプラントです。それは、ちょうど歯の下半分よりちょっと長いくらいの大きさで、一本抜けた跡の歯茎に埋め込まれるのにちょうどよい胴回りのネジになっています。というふうに書けば、もうコレで何をするかは明白でしょう。ネジは歯茎に打ち込まれ、回転しながら深く入り、歯を支える歯槽骨という骨にガッチリと嵌めこまれます。もちろん、この手術では麻酔をされますから痛みはないでしょう。インプラントはここで、何の役割をしているのか。それは、失われた歯のために作られる人工歯の、支えとなる部分の役割です。いわゆる「歯根」というモノの役割を、この移植物は果たすのです。歯茎にさしこまれて固定され、少し頭を歯茎からつきだしたインプラントの上に、かぶせるようにして僕らの目に見える歯の部分が取り付けられていきます。このようにして、この医療器具は役目を果たすのです。インプラント治療は、数ある義歯を使う治療の中でも、最も実際の歯に限りなく近いものを実現することが出来るものとして有名です。それを付けた人はまるで本物の歯のように、それを扱うことができるのです。