自分に合った適切な歯科探し〜デンタル・ドクター探し隊〜

歯医者

歯並び矯正治療の1つ

女性

インビザラインとは、コンピュータ技術を取り入れた歯科矯正システムである。と、こう書いていくと何となく大それた装置に繋がれて何やかんや必要なんじゃないかそんな気になりませんか。しかし実際に、矯正治療中に僕らが見るのは、うすくて、ちょっと目を離すとどこへ行ったかわからないくらいに透明な、ひとつのマウスピース。これを、矯正ワイヤーよろしく歯にはめろというのです。こんなにやわらかいマウスピースでホントに歯並びが直るのかと、おそらく半信半疑でしょうが、定期的に何度か歯科へ行き、マウスピースを取り替えてもらってると、不思議なことにどんどん直っていっているのです。インビザラインシステムは、コンピュータを使って3Dの立体映像を作るところから始まります。患者の口の形をデータとして取り込み、それをそっくりそのまま立体映像で再現するわけです。そしてまずはパソコン上でその映像をいじり、どの歯をどのように動かしていけば直っていくか、シュミレーションをします。ここまで来たら、次はここまでというふうに、回数を分けて直してゆく。だからこそ、マウスピースがいくつか必要になったのです。ひとつのマウスピースで少し直し、次のマウスピースでもう少し直しというふうにやっていくと、いつか歯並びが元通り、という寸法なのです。

インビザラインは、周囲に矯正治療をバレたくないという人にも向いています。治療器具がマウスピース型で目立ちにくいうえ、必要な場合は取り外すことが可能となっています。食事や歯磨きの時にも取り外すことが無いので、矯正治療によるストレスも少ないでしょう。